EXHIBITION of AG+ Gallery

NEXT EXHIBITION

Fragmentary Documents of Kanendo Watanabe1973 – 2018 Exhibition (7 in all)

断片的資料・渡辺兼人の世界 1973‒2018 全7回

40 年を超えて、個展での作品発表を続けてきた写真家・渡辺兼人。その写真に向かう誠実な態度によって到来した作 品の数々はしかし、個展という特性上、ともすれば時間の 彼方へ遠退いてしまう。最新作『声』を皮切りに、『既視の 街』『逆倒都市』『YAMATO』などの代表作を、ヴィンテー ジプリントや貴重な資料と共に全 7 回にわたって一気に顧 みる。作家自身のトークショーや、ゲストとの対談なども 多数開催し、表層だけでは伺い知れない渡辺の厳格なモノ クロ写真の世界を、これまでになかった視点で解読しようとする企てである。

主催 : AG+ Gallery
監修 : 笠間 悠貴
協力 : 東京綜合写真専門学校・ギャラリーメスタージャ

*ギャラリー2F にて資料展同時開催

第1回 2017.9.14 - 9.30 スナップ - 『
    *レセプション 9月9日(土)17:30〜

第2回 2017.11.9 - 11.25 都市 ①- 『既視の街
    *トークセッション 2017年11月25日(土)16:00〜
     渡辺兼人 + タカザワケンジ + 笠間 悠貴

第3回 2018.2.1 - 2.17 都市 ② - 『逆倒都市Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
    *トークセッション 2018年2月17日(土)16:00〜
     渡辺兼人 + 金村修 + 笠間 悠貴

第4回 2018.4.12 - 4.28 都市 ③ -
YAMATO - TOKYO・大和・F』
    *トークセッション 2018年4月21日(土)16:00〜
     渡辺 兼人 + 鷲見 和紀郎 + 外久保 恵子

第5回 2018.6.7 - 6.23  旅  - 『彷徨・写真・城市
                  『LʼATALANTE
                  『摂津國 月の船
    *トークセッション 2018年6月9日(土)16:00〜
     渡辺兼人 + 柴田敏雄 + 笠間 悠貴

第6回 2018.11.1〜11.17 島 - 半島』
                『 (島)光の暴力』
                『 孤島』
   *トークセッション 2018年11月10日(土)16:00〜
     渡辺兼人 + 倉石信乃 + 笠間 悠貴


第7回 (2019.4頃予定)   草・水 - 水無月の雫 / 忍冬 /
    *トークセッション 2018年4月21日(土)16:00〜
     渡辺 兼人 + 伊奈 英次 + 笠間 悠貴 + David Ohyama

第 6 回 島

『孤島』半島』『(島)光の暴力』

2018年11月1日(木) - 11月17日(土)
時間: 木・金・土 13時〜19時



「孤島」「半島」「(島)光の暴力」は、渡辺兼人の最も簡潔で、そして最も難解な写真群である。それぞれのタイトルに島という共通の言葉を含んでいながら、一般名詞である以上の意味をもたらしはしない。そして強い光のもとで街角や森林が一定の距離で撮影され、情緒性のようなものは徹底して排除されている。通常私たちは、写真を前にしたとき、誰が何のために撮ったのかを理解することで写真の意味を知る。けれども、渡辺の作品はそのような写真のあり方とは真逆の考えに基づいて制作されている。それは、撮影者の意図と無関係に生じるものこそ写真だということであり、内容に対する理解への拒否である。私たちがすでに投げ出された存在として自らを受け取っているように、写真もまた向こうから到来したものとして受け取る以外に写真に近づくどのような方法があろう。渡辺は写真を認識のための装置としてではなく、存在論の中に置こうとする。今回の展示はこうした渡辺の写真に対する独特のスタンスを知る極めて好い機会になるに違いない。

hantou_003s.jpg
© Kanendo Watanabe

*トークセッション 2018年11月10日(土)16:00〜

渡辺兼人 + 倉石信乃 + 笠間 悠貴(料金 1,000円・当日受付)

渡辺兼人(写真家)
1947年生まれ。1969年東京綜合写真専門学校卒業。1981年第7回木村伊兵衛写真賞受賞。著者に『渡辺兼人写真集』(京都現代美術館何必館)、『既視の街』等。

倉石信乃(批評家)
1963 年長野県生まれ。明治大学大学院理工学研究科総合芸術系教授。近現代美術史・写真史・美術館学。1988-2007 年、横浜美術館学芸員として「マン・レイ展」「ロバート・フランク展」「菅木志雄展」「中平卓馬展」「李禹煥展」など数多くの展覧会を担当。著書=『反写真論』『スナップショット─写真の輝き』。共著=『失楽園 風景表現の近代1870-1945』ほか。

笠間悠貴(写真研究家)
1980年大阪府生まれ。現在、明治大学理工学研究科博士後期課程在学中。渡辺兼人論や、写真の気象表現について論述しながら、自身も作品制作をおこなっている。今回の「断片的資料・渡辺兼人の世界」展を監修。

第 7 回 草・水

『水無月の雫』『忍冬』『雨』

2019年春頃予定
時間: 木・金・土 13時〜19時


流れ来ては去り、それを繰り返す水は時の変化を喚起する。薄曇りの朧々とした東京 湾を捉えた「水無月の雫」、琵琶湖畔や淀川流域の水辺に茂る植生に目を向けた「忍冬」、 地面の水たまりに波紋を刻む雨の様子へ耳目をそばだてた「雨」など、1990 年代後半 以降の渡辺兼人は、汀への関心を深めている。そのフレームワークはより一層平易に、 モチーフはなお一段と簡潔になり、この時代の渡辺の作品はミニマルの度合いを極め た仕上がりを見せる。湿度を孕んだ茫漠たる風景は、強い孤独と不安を呼び覚ます。 それは、視線の向かう対象の不明瞭さだけが理由ではない。水の流れは、留まることを知らない時間の映し鏡として、観る者自身に 降りかかる。死に向かう自分自身を沁々と見出すことになるからだ。流れのメタファーの中で、写真は特異点としてある具体的な時 間の狭間に佇むことが可能なのか。これらの作品に対峙するとき、研ぎ澄まされた構図の中で、長年にわたる渡辺の問いに向き合う ことになるだろう。

minazuki_011s.jpg
© Kanendo Watanabe

*トークセッション 2019年春頃予定

渡辺兼人 + 伊奈 英次 + 笠間 悠貴 + David Ohyama (料金 1,000円・当日受付)

渡辺兼人(写真家)
1947年生まれ。1969年東京綜合写真専門学校卒業。1981年第7回木村伊兵衛写真賞受賞。著者に『渡辺兼人写真集』(京都現代美術館何必館)、『既視の街』等。

伊奈 英次(写真家)
1957 年生まれ。’ 81 年東京綜合写真専門学校第二芸術科卒業、’ 83 年同研究科卒業。’ 81 年より大型カメラでの制作・発表を開始。東京の景観を撮った「In Tokyo」で注目され、 以後、日本各地の在日米軍基地の通信アンテナ、産業廃棄物、都市に点在する監視カメラ、天皇陵などといった、都市、環境、軍事、歴史など日本の近現代をテーマに撮影している。1998 年レオポルド・ゴドウィスキー Jr. カラー写真賞受賞、2009 年 さがみはら写真賞受賞、収蔵作品はサンフランシスコ近代美術館、パリ国立図書館、国立近代美術館、川崎市市民ミュージアム等。

笠間悠貴(写真研究家)
1980年大阪府生まれ。現在、明治大学理工学研究科博士後期課程在学中。渡辺兼人論や、写真の気象表現について論述しながら、自身も作品制作をおこなっている。今回の「断片的資料・渡辺兼人の世界」展を監修。

David Ohyama(写真家)
1973 年生まれ。東京綜合写真専門学校および同校研究科卒業。AG+ Gallery 主宰。著書に『Pearl Sinter』、『Les Ruelles de Daegu』など。