EXHIBITION of AG+ Gallery

NEXT EXHIBITION

Fragmentary Documents of Kanendo Watanabe1973 – 2018 Exhibition (7 in all)

断片的資料・渡辺兼人の世界 1973‒2018 全7回

40 年を超えて、個展での作品発表を続けてきた写真家・渡辺兼人。その写真に向かう誠実な態度によって到来した作 品の数々はしかし、個展という特性上、ともすれば時間の 彼方へ遠退いてしまう。最新作『声』を皮切りに、『既視の 街』『逆倒都市』『YAMATO』などの代表作を、ヴィンテー ジプリントや貴重な資料と共に全 7 回にわたって一気に顧 みる。作家自身のトークショーや、ゲストとの対談なども 多数開催し、表層だけでは伺い知れない渡辺の厳格なモノ クロ写真の世界を、これまでになかった視点で解読しようとする企てである。

主催 : AG+ Gallery
監修 : 笠間 悠貴
協力 : 東京綜合写真専門学校・ギャラリーメスタージャ

*ギャラリー2F にて資料展同時開催

第1回 2017.09.14 - 09.30 スナップ - 『声』
      *レセプション 9月9日(土)17:30〜

第2回 2017.11.09 - 11.25 都市 ①- 『既視の街』

    *トークセッション 2017年11月25日(土)16:00〜
     渡辺兼人 + タカザワケンジ + 笠間 悠貴

第3回 2018.02.01 - 02.17 都市 ② - 『逆倒都市Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』
    *トークセッション 2018年2月17日(土)16:00〜
     渡辺兼人 + 金村修 + 笠間 悠貴

第4回 (2018.04頃予定)   都市 ③ - 『YAMATO
                     Tokyo・大和・F』

第5回 (2018.06頃予定)    旅  - 『彷徨・写真・城市』
                  『LʼATALANTE』
                  『摂津國 月の船』

第6回 (2018.10頃予定)   草・水 - 『水無月の雫』『忍冬』

第7回 (2019.02頃予定)    島  - 『孤島』『半島』

第 2 回 都市 ①

『既視の街』

2017年11月9日(木) - 11月25日(土)
時間: 木・金・土 13時〜19時


長らく行方不明だった『既視の街』のヴィンテージプリントが、昨年ツァイト・フォト・サロンで奇跡的に見つかった。今回展示する当のプリントは、1981年にニコンサロンへ出品したもので、渡辺兼人が木村伊兵衛賞を受賞する以前に発表された最初期のものだ。『既視の街』は、写真展だけでなく、金井美恵子との共著として新潮社から出版された小説であり、アサヒカメラの特集でもある。また近年、豪華な写真集としても出版された。それぞれに収録された写真が少しずつ異なっており、このタイトルは横へと広がる作品群の総称と言える。その原点に立つ今回の『既視の街』は、無光沢RCペーパーに焼かれ、37年の時を経たとは俄かに信じがたい状態を保っている。非常にシャープで、中間トーンの豊かなプリントからは、どこまでも細部を見渡すことができる。渡辺の最も著名で、かつ最も謎めいた初期の代表作を知る上で、大変意義深い機会となるだろう。名作としての貫禄を思う存分堪能できることは間違いない。

kishi_001s.jpg
© Kanendo Watanabe

*トークセッション 11月25日(土)16:00〜

渡辺兼人 + タカザワケンジ + 笠間 悠貴 (料金 1,000円・当日受付)

渡辺兼人(写真家)
1947年生まれ。1969年東京綜合写真専門学校卒業。1981年第7回木村伊兵衛写真賞受賞。著者に『渡辺兼人写真集』(京都現代美術館何必館)、『既視の街』等。

タカザワケンジ(写真評論家)
1968年群馬県前橋市生まれ。写真評論、文芸書評、 インタビューほかを「アサヒカメラ」「IMA」ほかに執筆。『S tudy of PHOTO 』(ビー・エヌ・エヌ新社)日本語版監修。金村修との共著『 挑発する写真史』(平凡社)。

笠間悠貴(写真研究家)
1980年大阪府生まれ。現在、明治大学理工学研究科博士後期課程在学中。渡辺兼人論や、写真の気象表現について論述しながら、自身も作品制作をおこなっている。今回の「断片的資料・渡辺兼人の世界」展を監修。

第 3 回 都市 ②

『逆倒都市』

2018年2月1日(木) - 2月17日(土)
時間: 木・金・土 13時〜19時


『既視の街』の続編とも言える『逆倒都市』は、渡辺兼人の写真に対する世間の印象を決定付けた作品でもある。すなわち、白はどこまでも白く、黒はどこまでも黒い、それでいて中間トーンは伸びやかな階調を見せるモノクロのプリントに、スクエア・フォーマットで切り取った街角が定着された、最も典型的なシリーズだ。本作は、1982年から84年にかけて3年連続でツァイト・フォト・サロンにおいて発表された。その当時は、写真展を専門とするギャラリーが設立され、プリントそのものを見せるスタイルが確立されていく時期でもあった。そうした写真のあり方の先駆けを示した本作は、前作で成し遂げられた重層的な写真の「意味」の提示を、ストーリーから切り離してなお写真だけで成立させようとした意欲作である。「抑揚のない」と評されることもある本作だが、その印象とは裏腹に、実際のプリントからは非常に多様な視線と被写体が鋭く交差している様子を窺い知ることが出来るだろう。

sakasa1_005s.jpg
© Kanendo Watanabe

*トークセッション 2018年2月17日(土)16:00〜

渡辺兼人 + 金村修 + 笠間 悠貴 (料金 1,000円・当日受付)

渡辺兼人(写真家)
1947年生まれ。1969年東京綜合写真専門学校卒業。1981年第7回木村伊兵衛写真賞受賞。著者に『渡辺兼人写真集』(京都現代美術館何必館)、『既視の街』等。

金村修(写真家)
1964年生まれ。1991年東京綜合写真専門学校卒業。1993年同校研究科卒業。研究科在学中より発表活動を開始し国内外で個展、グループ展多数。著書に『Happiness is a Red before Exploding─金村修写真集』『SPIDER'S STRATEGY』『In-between 12 金村修 ドイツ、フィンランド』など。1997年日本写真協会新人賞、東川賞新人作家賞受賞。2000年土門拳賞受賞。

笠間悠貴(写真研究家)
1980年大阪府生まれ。現在、明治大学理工学研究科博士後期課程在学中。渡辺兼人論や、写真の気象表現について論述しながら、自身も作品制作をおこなっている。今回の「断片的資料・渡辺兼人の世界」展を監修。